大崎イエローページ

【宮城大崎の事前取扱説明書】17年3月11日の更新分からから下記サイトに
変更になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
新サイト 【大崎バックグランド】  アドレス  https://main-oosaki.ssl-lolipop.jp/allstar/

[ カテゴリー » 歴史風土 » 歴史各種 ]

映像:古川の小野小町伝説はどうなる?「陸奥に世を・・

もっと読む»
歌の解釈は

「陸奥に世を浮島もありてふを関こゆるぎのいそがざらなむ」

ちょっと歌の解釈をどうとっていいのか迷う和歌ですね。まずはこの 浮島 が塩釜近郊の島ともいわれて、宮城県の多賀城市に浮島神社があります。この近郊なのでしょうか? 関こゆるぎ がこゆるぎとゆう名の関(東海地方?)といわれています。いそがざらなむ はそんなに急がないでほしい と解釈するのでしょうか?となれば後半は (私のそばをはなれて)そんなに急いでこゆるぎの関(東海地方の関?)を越えなくてようでしょうに と解釈できます。

次に前半は ありてふ=あるとゆうに とすれば  陸奥国はこの世をうきうきさせるところがあるとゆう  となりますが、・・・

詠んだところは陸奥国?都?

が、このうたはどこで 都?陸奥? どちらにいて詠んだ歌なのでしょう。この歌の出典は流布本系と異本系の両小町集にある和歌で、流布本系小町集では小町は都にいることになっており、異本系小町集では陸奥にいることになっているようになっているようです。さらに異本系ではこの後に以前掲載しました 「あなめあなめ・・・・」 の歌が掲載されているのでまさしく小町の東北伝説が形成される要素となっています。

こゆるぎの関が東海地方のどこかでないかと言われています。つまり陸奥と都との真ん中と言わないまでもどっちつかずの場所の関を出しています。もし陸奥なら白河とかなこそとか陸奥最南端近くの関が、もし都で読んだなら都の出口近くの関が出てきてもよいと思いますが?おそらく 関を越えていかないで とゆう意味で 関こゆるぎ を使ったのでしょう。

さらに陸奥にいる人がこの歌を詠むとき 陸奥に世を浮島もありてふ と読むだろうか?何となくだいぶ離れた場所から 陸奥に世を浮島もありてふ と想像するのでないでしょうか?

自己流解釈は

で、「陸奥に世を浮島もありてふを・・・」をいつものごとく自己流で「陸奥の国にはこの世を浮き浮きさせる(男女の仲)所があるとか言われているので、そんなところにあなたが行くなんてわたし寂しいので、そんなに急いでこゆるぎの関を越えなくっていいでしょう、こえないで」と解釈したい。このほうが自然な気がしますが・・・・・なんとなく小町らしい表現になったろうか?

となると都にいて呼んだのだろうか?残念ながらこの歌は古今集には載っていないので小町作かどうかもわかりませんね!

関連資料
外部リンク:大磯 ~古(いにしえ)の歌~

 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/isotabi/miryoku/inishienouta.htmlLink


小町ゆかりの神社? 浮島神社多賀城市 映像アドレス

 http://oosaki.main.jp/wp/?p=2184Link

一部のブラウザで閲覧できない場合があります。

大崎イエローリンク
【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 08:02 am  

古川の小野小町伝説はどうなる?「玉造江に こぐ舟の・・・・

小町集(1000年前後に成立?)
もっと読む»
陸奥の 玉造江に こぐ舟の 帆にこそいでね 君を恋ふれど

新勅撰和歌集(1232年前後に成立?)

みなと入りの 玉造江に こぐ舟の 音こそたてね 君をこふれど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小町が東北の玉造江まで来たという和歌で、来かどうかはこの歌が一番わかりやすい和歌でないでしょうか?なぜならこの玉造江が大崎市岩出山近郊を流れている川と推測されているからでしょう。

【陸奥の 玉造江に・・・】  は残念ながら古今和歌集などではでて来ないようで、小町集のうち流布本系に登場していますが、異本系はでてないようです。

が、ここに1つの疑問があります。【陸奥の 玉造江に・・・】は本来作者不明であったものを新勅撰和歌集で小町作としたともいわれています。下記 外部リンク:ラフェットの備忘録 参照願います。

上記和歌が浮かび上がった年代からすれば小町集に表れた1000年前後が古く、新勅撰和歌集に出てくるのがだいぶ後1232年前後になって現れてきていますが、ということは先の方が本来の和歌なのでしょうか???

まずはこの歌の意味を推理してみましょう。

「玉造江に進んでいる船はばたばたと騒がしくしていますが、私はそのように表立って騒いでいませんがあなたを恋する気持ちは燃えたぎっています!」このような意味でしょうか?

この解釈からすればですが、これは返し歌で【君をこふれど】の【君】が近場にいてこの歌を読み取ってくれなければならないのでしょう!

もし陸奥に二人とも来ているなら相手にも十分気持ちが伝わることでしょう。が、片や陸奥方面で片や都だったら相手に伝わるのでしょうか??

小町の君とは 仁明天皇 在原業平 小野貞樹 安部清行 僧正遍昭 文室康秀等が考えられますが、都を離れて陸奥で二人一緒にいたことがあるのでしょうか?在原業平でさえ都は離れていないのでないかなどともいわれていますので・・・・・・

もちろん遠く離れた陸奥から愛しい人に向かって読んだとも考えられますが、落ちぶれた小町の歌をだれがみやこまで届けたのでしょう!

もちろん 【陸奥の 玉造江に】 と書けばこれは間違いなく大崎地方の玉造川(現江合川)と思われます。【みなと入りの 玉造江に】 となると果たして玉造はどこの??となりますが!玉造名称を見た場合 島根出雲地方、大阪難波、陸奥玉造(大崎市)があるようです。果たしてどこなのでしょう!

まだあるのか小町陸奥の和歌。


外部リンク:玉造団

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E9%80%A0%E5%9B%A3Link

外部リンク:ラフェットの備忘録

http://lafete-biboroku.seesaa.net/article/437073568.htmlLink


【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 07:10 am  

古川の小野小町伝説はどうなる?小町陸奥和歌は?雄勝町の岩谷堂アルバム

もっと読む»
小野小町が陸奥や武蔵野を歌ったと思われる和歌の一部調べてみました。かの都から遙々彼方の宮城県を詠んだ歌が多く見受けられます。大崎市近郊では固有名詞で玉造、小野と入っているのが目立ちます。
宮城県大崎市近郊?

  陸奥の 玉造江に こぐ舟の 帆にこそいでね 君を恋ふれど

  みなと入りの 玉造江に こぐ舟の 音こそたてね 君をこふれど

  秋風の 吹くたびごとに あなめあなめ 小野とは言はじ 薄生ひけり

宮城県多賀城近郊?

  おきのゐて身をやくよりもかなきは都しまべの別れなりけり

  陸奥に世を浮島もありてふを関こゆるぎのいそがざらなむ

宮城県塩竃、多賀城近郊?

  しほかまの前に浮きたる浮島の浮きて思ひのある世かな

福島県白河市?

  みるめ刈るあまの行きかふ湊路に勿来の関も我はすえぬを

東京都多摩市近郊?

  むさし野の むかひの岡の 草なれば 根をたずねても 哀れとぞ思ふ

  むさし野に おふとし聞けば 紫の その色ならぬ 草もむつまし



いくつかあるといえどもどうやって解釈すればよいのだろう。武蔵野、白河、多賀城、塩竃そして大崎玉造江・・・・・・




小町遺跡雄勝町の岩谷堂アルバム(小町が住んでいたとか?)












【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link
【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 07:18 am  

古川の小野小町伝説はどうなる?小町集の伝搬は??御返事橋アルバム追加

もっと読む»
前回掲載しましたが小野小町の歌を小町集にあるから小町作だとするにはちょっと問題があるようです。おそらく小町集の伝搬過程に問題があるようです。
現在小町集の伝搬には冷泉家系、異本系、流布本系等と大きく3種類があるようです。添付画像にありますが、小町が亡くなったのが900年以前と言われその後905年頃に紀貫之などによる古今集ができ、960年頃に後撰集ができました。小町集の成立は1000年前後と言われています。
この両方の和歌集で古今集には小町作として18種前後、後撰集に小町作として4種載っていると言われています。
その後1000年前後から小町集ができますが、小町作として冷泉家系には45種前後、異本系には69種前後、流布本系には115種前後掲載されていると言われています。これらは小町の亡くなった後の100年前後後になっています。この間に徐々に多くなっています。ちょっと気になりますね。
よく言われているのに小町の亡くなった10数年後に出た古今集、50数年後の後撰集は小町作の確立が高いようです。いずれも天皇指示による行事なのでかなり新来世が高いとも思われます。
小町説話の広がりとともに後から付け加えられた和歌が一部含まれているのでないかとも言われています。
小町が陸奥等の和歌を読んだのどれほどあるのでしょうか!

御返事橋アルバム
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?UID=1484860369Link Link
テストアルバム






  
【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 06:54 am  

古川の小野小町伝説はどうなる?小町みちのくの和歌 あなめあなめ??

もっと読む»
秋風の 吹くたびごとに あなめあなめ 小野とは言はじ 薄生ひけり
       (あなめ=ああすすきで目が痛い??)
                     (異本系小町集)
今回から小町作とも言われている 和歌 から小町が古川近郊に来たのか推理してみたいと思います。が、和歌に関しては高校の授業の一部で有ったきりのご無沙汰なので果たしてどうなってしまうのでしょうか??が、そこは割り切って行くことにします。
小町と古川とを直接結ぶ第1段とすればとすれば上記の 「・・・・・あなめあなめ・・・・・」でないでしょうか?
在原業平の東下りで上記場所を陸奥国小野と位置づけている伝説等がありよく知られています。おそらく「玉造小町」と小野小町を一緒に見て玉造郡の小野と結びつけているのでしょうか?
この歌は異本系小町集に出てくるようで流布本系小町集には載ってないようです。
つまり小町集はいくつかの流れが有りそれぞれで同じものもあれば1つの物にしか載ってない和歌などが有り、小町集においても残念ながらどれが小町の真作なのかわからないものがたくさんあるようです。
またたとえ小町が詠んだにしても小町がその場に来て詠んだのかそれとも都のいて詠んだのかこれもわかりませんね。
もちろんいつ頃詠んだかもわかりません!
ただ上記の 「・・・・・あなめあなめ・・・・・」の歌に関しては小町集に掲載されていますが小町が亡くなってそのどくろを見た等という歌を小町が詠んだとは考えられませんね??
そのほか小町が陸奥や武蔵(関東)を呼んだ歌などがいくつかあります。果たしてどうなってしまうのでしょうか?
雄勝町向野寺と磯崎神社のアルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?UID=1483574037Link
テスト用雄勝町向野寺と磯崎神社のアルバム:
 http://oosaki.main.jp/wp/?p=338Link
記事関連の参考内容
 外部リンク:『秋風の吹くにつけてもあなめあなめ / 小野とは
   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14107039834Link
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
【宮城大崎の事前取扱説明書】 【大崎の歴史(新旧自由形)】 【大崎アルバムと動画】 【太崎の自然】 【大崎行事予定】

小野小町関連の記事
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?mode=category&aim=6L-R6YOK5Lq654mp-E/5bCP6YeO5bCP55S6-ELink

— posted by その名はF at 06:55 am  

映像:小町が東北に来た頃の800年代の東北の状況は??

もっと読む»
800年代の東北近郊の状況を調べてる見ると現東北の陸奥国は田村麻呂等により志波城現盛岡近郊まで朝廷の支配下になり多少の小競り合いが合った程度と思われますますが出羽国では下記如く地震、反乱等が頻繁に起きています。
また出羽国は陸奥国に比べ蝦夷との小競り合いが頻繁に行われていたようです。
この蝦夷との小競り合いは900年代半ば頃まで続いたとも言われています。
小町が陸奥方面に来たとすれば870年以後と推定されますのでおそらく元慶の乱前後迄はうわさを知り得たのでないでしょうか?
今まで掲載してきた小町の状況にしても今回の状況にしても都からさほど知り合いの無い出羽国迄無理して来る理由が無い気がしますが??
が、まだ諦めるのは早い。小町は陸奥国等を詠んだ和歌がずらり?とあるようですので。期待出来そうですが?

830 出羽国で大地震 秋田城等倒壊
850 出羽国で大地震 城柵名と倒壊
870 松島近郊で大地震 貞観地震
878 元慶の乱
887 出羽国府が旧国府近郊に移転?

シャクヤク園秋田県雄勝町映像とアルバム アドレス
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1481790104Link
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【奥州大崎 新旧自由形】 【大崎歴史関連】
小野小町関連の記事
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?mode=category&aim=6L-R6YOK5Lq654mp-E/5bCP6YeO5bCP55S6-ELink

— posted by その名はF at 06:51 am  

古川の小野小町伝説はどうなる?晩年は落ちぶれていたのか?

もっと読む»
小野小町はよく晩年落ちぶれて・・・・・等とよく言われます。実際どうであったかはよくわかりませんがこの頃には下記ごとく今で言えば退職金か年金ごときの 更衣田 制度があったようです。下記外部リンクを参照願います。
小町は仁明天皇等の 更衣 であったと言われています。となればこの制度に恩恵を預かったかもしれませんね。そうであればよく言われているようなば晩年食うやくわずであったとは思われませんが。
が、一部には小町は時期天皇相続政争に敗れたため 更衣田 恩恵にあずかれなかったとも言われています。どちらでしょうか?
が、小町は小野妹子を先祖とする小野一族?の出で有りその小町以後も小野春風、小野道風等小野家から出ておりそんなに落ちぶれるほど苦労しなかったと思われますが、どうでしょうかね!

外部リンク:深草の少将百夜通い
 http://shigeru.kommy.com/momoyogayoi.htmLink
外部リンク:不思議館~歴史を騒がせた女たち~小野小町
 http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/fusigi_4/works/works_3_a.htmlLink
外部リンク:通 小 町(かよいこまち)
 http://www5.plala.or.jp/obara123/u1164kayoi.htmLink
外部リンク:小野小町の疑問や質問
 http://www.okujo.xii.jp/question.php?s=%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%B0%8F%E7%94%BA&ct=2078297837&so=-posteddate&p=4Link

桐善寺 小野小町秋田県勝町 アルバム
一部のブラウザで閲覧できない場合があります。
http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1480555220Link

桐木田の井戸 小野小町雄秋田県勝町 アルバム
http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1480554626Link

小野小町関連の記事
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?mode=category&aim=6L-R6YOK5Lq654mp-E/5bCP6YeO5bCP55S6-ELink

【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【奥州大崎 新旧自由形】 【大崎歴史関連】

— posted by その名はF at 06:49 am  

古川の小野小町伝説はどうなる?どの道から来たの?


もっと読む»
小町が京都近郊からみちのく古川に来たとしたらどの経路から来たのでしょう、推測してみました。
  1.日本海側の道から来た
  2.東山道などの日本中央から来た
  3.東海道経由でやってきた
  4.日本海側の船でやってきた
等が考えられますが1と4ならわざわざ裏日本の山形あたりから古川近郊まで来ることは考えられないので3か4となりますね?
と言ってもおそらくどちらも武蔵国(関東)にでて陸奥東山道を北上するのでしょうね?
小町集に武蔵国を詠んだ歌(小町作か疑問のようですが)がありますし、以前の三河国に来た来ないなどの噂があることを考えれば東海道の方になるのでしょうか?
さらに多賀城にある沖の石も小町が詠んだ?歌(小町作か疑問のようですが)が有る等と陸奥東山道を北上して多賀城近くまで来たのでしょうか?
西暦750年前に古代旧道として現宮城県柴田町あたりから笹谷峠近郊を越えて山形最上(山形市)を経て秋田や雄勝に抜ける古道があったようです。ですから最上街道ができる前までは多賀城から秋田方面には一度ここ柴怒田近郊まで南下して笹谷近郊を経て秋田に向かったようです。この戻りを解消し多賀城秋田間を短縮のため大野東人が750年前後小野田を経て尾花沢あたりからこの秋田に向かう出会う軍用道路最上街道を作ったようです。
小町が東北に来たとした場合でもこの道はありましたが秋田に向かうのであればこの柴田近郊の笹谷から秋田に向かっても良かったのでは?
小町の場合落ちぶれて生まれ故郷に帰った等とも言われていますがだとすれば一庶民が多賀城近郊まで行く理由は?近郊の歌枕でも観てみたかったのでしょうか?
小町は多賀城まで来てさらにこの先秋田まで行く近郊道路の道の情報を持っていたのでしょうか?
古川近郊から秋田に行く道は最上街道だけでなくいわゆる脇道なども有ったと思われますが一庶民の女性がそのようなところを歩いて行くものでしょうか?当時は役人や軍などの移動が主で庶民の旅などは居住地近郊が主でなかったのでしょうか?

870年頃秋田の元慶の乱の時は一部が岩手水沢から向かったとも言われています。(この頃陸奥は坂上氏によって胆沢あたりまで朝廷支配が進行していたと言われています)
また1050年頃の前九年の役では鬼首から秋田、現湯浜峠の花山から秋田に軍が動いたとも言われています。小町さんはどこから秋田に抜けようとしたのでしょうか?ちょっとどころかだいぶ興味がありますね??

小野小町関連の記事
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?mode=category&aim=6L-R6YOK5Lq654mp-E/5bCP6YeO5bCP55S6-ELink

【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【奥州大崎 新旧自由形】 【大崎歴史関連】

— posted by その名はF at 08:50 am  

prev
2020.4
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
T: Y: ALL: On: