大崎イエローページ

【宮城大崎の事前取扱説明書】17年3月11日の更新分からから下記サイトに
変更になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
新サイト 【大崎バックグランド】  アドレス  https://main-oosaki.ssl-lolipop.jp/allstar/

[ カテゴリー » 歴史風土 ]

映像:近郊街道旧跡等 人取橋古戦場跡 福島県郡山市

もっと読む»

人取橋古戦場跡は福島県郡山市の4号線サイドにあります。この近くを通過の時は見えるところです。この戦いに勝ったとはいえない?伊達軍が一躍東北の雄として脚光を浴びるようになったと言われています。

映像アドレス
  http://oosaki.main.jp/wp/?p=2197Link

一部のブラウザで閲覧できない場合があります。

アルバムアドレス
  http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=478Link











外部リンク:人取橋合戦 http://joukan.sakura.ne.jp/kosenjo/hitotoribashi/hitotoribashi.htmlLink

【大崎すけっと列伝】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  旧【旧大崎歴史関連】Link  旧【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 07:02 am  

映像:近郊城跡等 函館五稜郭 お城?

もっと読む»

何となく今まで気になっていたお城の1つで北海道新幹線の開通に伴っていってみました。気になっていただけにすっきりしました。こんな形状は初めて??

映像アドレス
  http://oosaki.main.jp/wp/?p=2179Link

*1st映像 函館五稜郭(北海道)
アルバムアドレス
  http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=447Link

















【大崎すけっと列伝】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  旧【大崎歴史関連】Link  旧【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 07:52 am  

近郊旧跡等 郡山遺跡 仙台市

もっと読む»

仙台郡山遺跡は7世紀前半から8世紀半ば頃と言われていますので、多賀城の国府よりさらに古いのでしょうか?先日間違いながらも行ってきました。仙台郡山遺跡は宮城県仙台市太白区郡山にあります。どちらかと言えば4号線からも近く長町駅にも近いところでしょうか?

またすぐ近く?には富沢遺跡もあります。下記リンク先を参照願います。

アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=433Link











大崎近郊遺跡旧跡等 富沢遺跡 仙台長町
 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?UID=1455058195Link

【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 07:56 am  

赤穂浪士凱道8

もっと読む»

脇道からまた元の本堂に戻る。このみちはそのまま行くと有楽町駅方面になるのでしょう。しばらく歩いて築地3丁目交差点で左に曲がり、今度は新橋駅方面に向かって進んでゆきます。何となく人通りが多くなったような気がします。しばらく進むとひだりに築地本願寺の大きな建物が現れてきます。聞いたことがありましたが今までは見たこともないような大きな建物ですね。多くの人が出入りしています。

この敷地内に入り左側に進むと 間新六供養塔 があります。浪士は泉岳寺とおもいきや間新六はなぜここにあるのか不思議ですね。

外部リンク:間光風
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E5%85%89%E9%A2%A8Link

築地本願寺を過ぎたあたりで今度は右に曲がって歌舞伎座の方面に進み、その歌舞伎座の手前を左に曲がり新橋駅を目指して進むのですがここからは地図と周囲を見ても今どのあたりにいるのかまったくわからなくなりました。この通りから一回右に回って新橋駅を目指すのですがよくわかりません。

どうしようかとうろちょろしていたら少し先に 汐留駅口 がみえて、あれちょっと方向を間違えたかなおもいまたうろちょろしてましたが、やむえず駅に行って新橋駅を探そうと思って進んでいったらここが新橋駅の1つの入り口であったことに気づきだいぶ慌てたなと感じ入ってしまいました。

アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=384Link

間新六供養塔[/caption]







旧奥州大崎新旧自由形の赤穂浪士凱旋道記事部分リンク
  http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php?mode=category&aim=5aSn5bSO44Gu6KGX6YGT-E/6LWk56mC5rWq5aOr5Yex5peL6YGT-ELink


【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 06:56 am  

映像:古川の小野小町伝説はどうなる?「陸奥に世を・・

もっと読む»
歌の解釈は

「陸奥に世を浮島もありてふを関こゆるぎのいそがざらなむ」

ちょっと歌の解釈をどうとっていいのか迷う和歌ですね。まずはこの 浮島 が塩釜近郊の島ともいわれて、宮城県の多賀城市に浮島神社があります。この近郊なのでしょうか? 関こゆるぎ がこゆるぎとゆう名の関(東海地方?)といわれています。いそがざらなむ はそんなに急がないでほしい と解釈するのでしょうか?となれば後半は (私のそばをはなれて)そんなに急いでこゆるぎの関(東海地方の関?)を越えなくてようでしょうに と解釈できます。

次に前半は ありてふ=あるとゆうに とすれば  陸奥国はこの世をうきうきさせるところがあるとゆう  となりますが、・・・

詠んだところは陸奥国?都?

が、このうたはどこで 都?陸奥? どちらにいて詠んだ歌なのでしょう。この歌の出典は流布本系と異本系の両小町集にある和歌で、流布本系小町集では小町は都にいることになっており、異本系小町集では陸奥にいることになっているようになっているようです。さらに異本系ではこの後に以前掲載しました 「あなめあなめ・・・・」 の歌が掲載されているのでまさしく小町の東北伝説が形成される要素となっています。

こゆるぎの関が東海地方のどこかでないかと言われています。つまり陸奥と都との真ん中と言わないまでもどっちつかずの場所の関を出しています。もし陸奥なら白河とかなこそとか陸奥最南端近くの関が、もし都で読んだなら都の出口近くの関が出てきてもよいと思いますが?おそらく 関を越えていかないで とゆう意味で 関こゆるぎ を使ったのでしょう。

さらに陸奥にいる人がこの歌を詠むとき 陸奥に世を浮島もありてふ と読むだろうか?何となくだいぶ離れた場所から 陸奥に世を浮島もありてふ と想像するのでないでしょうか?

自己流解釈は

で、「陸奥に世を浮島もありてふを・・・」をいつものごとく自己流で「陸奥の国にはこの世を浮き浮きさせる(男女の仲)所があるとか言われているので、そんなところにあなたが行くなんてわたし寂しいので、そんなに急いでこゆるぎの関を越えなくっていいでしょう、こえないで」と解釈したい。このほうが自然な気がしますが・・・・・なんとなく小町らしい表現になったろうか?

となると都にいて呼んだのだろうか?残念ながらこの歌は古今集には載っていないので小町作かどうかもわかりませんね!

関連資料
外部リンク:大磯 ~古(いにしえ)の歌~

 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/isotabi/miryoku/inishienouta.htmlLink


小町ゆかりの神社? 浮島神社多賀城市 映像アドレス

 http://oosaki.main.jp/wp/?p=2184Link

一部のブラウザで閲覧できない場合があります。

大崎イエローリンク
【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link

— posted by その名はF at 08:02 am  

近郊旧跡等 夷森古墳 中新田

もっと読む»

夷森古墳は別名大塚森古墳ともいわれ案内板によると県北最大級の古墳とあります。4世紀頃といわれていますのでかなり古いようですね。

アルバムアドレス http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=325Link











【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link


— posted by その名はF at 07:01 am  

映像:柳之御所遺跡 岩手県平泉町

もっと読む»

柳之御所遺跡は岩手県平泉町にあります。平安時代末期の藤原一族の館跡といわれています。平泉の4号線バイパスの脇に有り車などでは便利です。義経のの高舘を近くに見えます。

一部のブラウザで閲覧できない場合があります。

















外部リンク:柳之御所遺跡 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E4%B9%8B%E5%BE%A1%E6%89%80%E9%81%BA%E8%B7%A1Link

映像アドレス
 http://oosaki.main.jp/wp/?p=2045Link

アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=299Link

【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link





— posted by その名はF at 07:15 am  

映像:旧跡等 一首坂跡 奥州市衣川村

もっと読む»

一首坂?ちょっと変わったような恐ろしいような旧跡ですが、平安時代中期の前9年の役合戦で源義家と阿部貞任が合戦のさなか歌を詠み合った坂といわれています。

アルバムまたは映像アドレス
 http://oosaki.main.jp/wp7hist/?p=230Link

一部のブラウザで閲覧できない場合があります。
アルバムアドレス(アルバムはここを参照願います)
 
一首坂跡衣川村[/caption]












外部リンク:一首坂 - 東北地方整備局

 https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjdg-Lx2aLSAhXJgLwKHdZMCmIQFggkMAE&url=http%3A%2F%2Fwww.thr.mlit.go.jp%2Fisawa%2Fsasala%2Fvol_14%2Fvol14_1.htm&usg=AFQjCNH6O0EKQs4RATgHnTz31GZM4gXCDQ&sig2=LOcCQkNolHNlCEon2aoBzgLink



【大崎イエロページ】Link  【大崎動画】Link  【奥州大崎 新旧自由形】Link  【大崎歴史関連】Link  【小野小町関連の記事】Link





— posted by その名はF at 07:09 am  

prev
2020.4
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
T: Y: ALL: On: