サイト2016年4月初め頃から下記サイトに変更しまた。
奥州大崎新旧自由形 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php

[ カテゴリー » 大崎地名考 ]

新々大崎地名考 千葉香取の大崎荘こぼれ話!

この大崎地方の大崎という地名については斯波氏が千葉香取の大崎荘を所有していたからというのが一時通説でしたが、このところ千葉香取の大崎荘を斯波氏が領していたという確認がないので最近はあまり聞かなくなりましたが、地名変更を調査中
もっと読む»
に少しはかんけいあるのかなあというちょっとした話題を見つけました。
というのはこの大崎と改姓した頃の五代奥州探題は 大須賀 とも呼ばれていたらしいですが・・・・さらに6代奥州探題は 須賀 といわれていたらしいです。
なぜなのでしょうか?おそらくその須賀という近くに居住していたからと推定します。この頃の奥州探題は古川小野であり、その斯波探題の城跡近郊に須賀という地区名が現在もあります。
この須賀は一般的に砂地を指すようです。この小野の須賀もそうだったのでしょうか?
次にこの 大須賀 須賀 で大崎に関係しそうな武将家を探してみましたら下記外部リンクに掲載されている千葉一族の 大須賀氏がありました。内容を見ると斯波氏とのつながりがありそうな気がしますが??

外部リンク:千葉氏の一族
 http://members.jcom.home.ne.jp/bamen/index.htmLink

上記千葉一族の一覧によりますと大須賀氏は千葉常胤の四男となっていてその千葉常胤の五男が国分氏となっています。千葉常胤は頼朝の奥州合戦の恩賞で宮城県の黒川郡あたりが与えられたといわれています。この国分氏は中世宮城中部に居住して後に伊達家家臣になったと思われますが(仙台の国分町の元祖か?)?これだけでは奥州国分氏と古川小野とのつながりはないように思えますがさらに上記千葉氏の一族の奥州国分氏を参照すると奥州探題との関わりがあります。この関わり合いの年代からすれば吉良貞家か、奥州探題となれば斯波家兼でないかと思われますが?意外なところで関係があるもんですね!
さらに驚くべきことは下記外部リンクですが、国分氏一族の一部は佐原市大崎の大崎城に居住しています。奥州国分氏と下記リンクによる矢作国分も元を正せば同じ国分氏系列です。

外部リンク:大崎城(矢作城・佐原市大崎字城の内)
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1577/yahagi.htmLink

こうしてみると斯波家兼は国分氏を通じて大崎という名称くらいは聞いた可能性があるかもしれませんね?

千葉常胤といえば鎌倉幕府を開いた頼朝の強力な助っ人で、これを知っている斯波家兼が敬意を表して地名の 大崎 を息子に言い伝えたりして、それがこの地方の・・・・・・
残念ながら考えられませんね!

【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 08:38 pm  

新々大崎地名考 大崎近郊を地図で眺めれば・・・・

大崎藩イエローページ画像さて今度は大崎地方を地図で眺めてみましょう。斯波氏から大崎氏の改姓が1440年頃からと思われ、その時の奥州探題の本拠地は小野城である。大崎からすれば黒川郡なども含むので小野近郊が中心とはいえませんが、当時の大崎氏の主要部分から見れば小野は何となく中心に近い感じがしますが?・・・・・
もっと読む»
また名生城にいた持家が高清水に行っても大崎西殿と呼ばれていたことを考慮すると西とは小野近郊から見ての西と思われます。地図からしてもうなずけるような気がします。
当時の本拠地名を改姓に使用したとなれば小野近郊に大崎と呼ばれる何かが存在しなければなりません。
写真ごとき地形図で見ると小野近郊で何となく半島がでっぱているのが止まっているように感じますが、近郊にゆくとちょっとどうかなという感じになります。海の半島の先端の岬のようには感じません。
が、当時小野城近郊は千枝湖(別名大崎湖)があり現状とはちょっと違っています。西の化女沼と対をなしていたのでしょう。現在も船などをつないだ大きな杉の木があるといわれていますが・・・・・・
自然的要因で近郊が大崎と呼ばれていたならこの近郊が河内で大崎と呼ばれていてもおかしくなかったでしょうが・・・・
この大崎はあとから呼ばれるようになったともいわれていますが・・・・
地図からしても改姓時の中心地は小野近郊でなければならないきがします。
小野城跡アルバム
 http://oosaki.main.jp/view/siroato/o-osiro/index.php?q_dir=.%2Fimg%2F100%2F60onojoLink
小野城跡動画 
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1396608892Link
【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 07:57 pm  

新々大崎地名考 なぜ 大 「崎」 なのだろう?


大崎藩イエローページ画像この古川近郊は鎌倉時代頃からは 河内 と言われていたようです。河内四頭や河内四頭一揆などが名前として出てきています。かなり河内で知られていたのでしょう。一部には奥州探題の頃この地方が大崎と呼ばれていたため大崎氏と改姓したと言われていますがそれがはっきりとわかりません。大崎という名は通常に考えればおおきな崎という意味の気がしますが。この崎はおそらく先端(さきっぽ)のことでないでしょうか?
もっと読む»
これによく似た意味で埼や岬等もあります。
 埼・・・・陸が海に突き出た部分のようです。
 崎・・・・山足が突き出た部分のようです。
つちへんとやまへんを見れば何となく解るような気もしますが・・・・
また崎は山の険しいことも指すようです。こうしてみるとやはり 崎 なのでしょうね。
これをまとめると山並みの先っぽが大きくなって見えるような場所のことでしょうか?
添付図で見ると線を引いた2カ所が該当するかなと思いますが、あくまで画像上でのことで実際近郊で見てもなかなかわかりにくい気がします。よほど高い位置から見ないと解らないのでないでしょうか?
【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 07:17 am  

新々大崎地名考 古い資料に出てくる大崎の地名経過


今回は大崎地名が古い資料に現れてきた状態を調査してみました。
 1.1422年頃
   この頃 ****奥州大崎**** と古文書に出てきているようですが、現在これは 奥州大将 でないかと言われてもいます。奥州が奥州探題に統一されたのが1440年前後と言われていますのでちょっと早いという感じがしますが????本拠地は小野城の時代です。
もっと読む»
 2.1452年頃今度も古文書で 大崎殿 と出てきています。この頃は改名されていたとしても不思議でない年代です。つまりこれ以前に改名された可能性が高いと思われます。以後時折出てきているようです。本拠地は小野城の時代です。
 3.1400年代の半ば頃高清水を領した斯波持家が当時高清水に移っても 大崎西殿 と呼ばれていたようです。高清水に移ってもなぜ大崎西殿か?つまりこの人は高清水の前に名生にいたようで、このとき大崎の西にいたので大崎西殿と呼ばれていたようですが????では名生が西になる場所と言えばやはり古川の小野近郊か?この頃は小野城が本拠地ですので当然そうなるか?よくわかりませんが・・・・・・
 4.余目旧記 には大崎がよく出てきています。ただこれは1514年頃の記録ですので出てきてもおかしくありませんね。
 5.旧川状には大崎天文の乱の時に伊達と大崎が戦(伊達は大崎の身方!)を終えて大崎に帰ったと出ています。つまり近郊に大崎という地域があったと思われますがどこか解りません。これも1500年代の半ば前後なので・・・・・

こうしてみると1450年以後には大崎という地名または氏名がよく使われています。この頃は古川の小野城が本拠地だったのでこの近郊に何らかの大崎と呼ばれるような内容があったように推定できますが・・・・・
【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 08:43 pm  

 

新々大崎地名考 古い資料に出てくる大崎の地名経過

今回は大崎地名が古い資料に現れてきた状態を調査してみました。
 1.1422年頃
   この頃 ****奥州大崎**** と古文書に出てきているようですが、現在これは 奥州大将 でないかと言われてもいます。奥州が奥州探題に統一されたのが1440年前後と言われていますのでちょっと早いという感じがしますが????本拠地は小野城の時代です。
もっと読む»
 2.1452年頃今度も古文書で 大崎殿 と出てきています。この頃は改名されていたとしても不思議でない年代です。つまりこれ以前に改名された可能性が高いと思われます。以後時折出てきているようです。本拠地は小野城の時代です。
 3.1400年代の半ば頃高清水を領した斯波持家が当時高清水に移っても 大崎西殿 と呼ばれていたようです。高清水に移ってもなぜ大崎西殿か?つまりこの人は高清水の前に名生にいたようで、このとき大崎の西にいたので大崎西殿と呼ばれていたようですが????では名生が西になる場所と言えばやはり古川の小野近郊か?この頃は小野城が本拠地ですので当然そうなるか?よくわかりませんが・・・・・・
 4.余目旧記 には大崎がよく出てきています。ただこれは1514年頃の記録ですので出てきてもおかしくありませんね。
 5.旧川状には大崎天文の乱の時に伊達と大崎が戦(伊達は大崎の身方!)を終えて大崎に帰ったと出ています。つまり近郊に大崎という地域があったと思われますがどこか解りません。これも1500年代の半ば前後なので・・・・・

こうしてみると1450年以後には大崎という地名または氏名がよく使われています。この頃は古川の小野城が本拠地だったのでこの近郊に何らかの大崎と呼ばれるような内容があったように推定できますが・・・・・
【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 08:21 pm  

奥州大崎 新々地名考 大崎と言われた場所は?

大崎藩イエローページ画像 前回で大崎地名の発祥としては少なくとも1450年までには大崎と言われていたのでないかと掲載しましたが、さて近郊で今までに大崎と言われた場所はどこがあるのでしょうか?
もっと読む»
 1.大崎市古川西部の大崎村
 2.古川小野地区の大崎沼
 3.大和町にある北目大崎
調べて解る範囲は前記のごとくです。

 1.大崎市古川西部の大崎村は明治のはじめ頃当時玉造郡の名生村と伏見村が合併して以前大崎氏がすんでいたので大崎村とつけたようです。それ以前に大崎村は探すことができませんでした。村の下部に大崎という村落があったとしてもその村落程度で斯波氏から大崎氏に名を変えたとは思われない気がしますが?伏見村と名生村は江戸時代などには出てきています。
   以上からすれば逆玉の気がしますが?
 2.古川小野地区の大崎沼の場合は大崎氏が居住した小野城があった場所ですが、いつ頃から呼ばれたのかはっきりしません。またこの沼は別名千枝湖と呼ばれています。大崎氏は3代ころから7代ころまでこの小野城を本拠地にしていました。つまり改名したころはこの小野城が本拠地でお城は沼の中に立っているようだと言われています。そのためこの沼には崎や浦が多く七浦八崎と言われていました。現在でもその一部の名が残っているようです。大崎沼があったから大崎氏としたのか大崎氏がいたから大崎沼と言われたのか残念ながら調べがつきません。
  3.大和町にある北目大崎ですが何でここが大崎と思われます?北目とは監視する意味らしく伊達が大崎を監視するので付いたと言われていますが。となると地名発祥は1450年頃より以後に付いたなと言うことですが、はたして。
   ここは歴史が古くいろいろな遺跡等があり、一部には北目村と大崎村が合併して北目大崎となったとも言われています。大崎城もあったと言われています。不思議なことに伊達政宗は仙台にある北目城ですが居住していたといわれています。いわく付きの名前ですね。
この中のどれかから大崎と付いたのでしょうか、それとも別なのでしょうか?
【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 05:08 pm  

奥州大崎 新々地名考 どこが大崎?


大崎藩イエローページ画像通常この時代当事者が両地名を新しく設定するとき本拠地の名称を使用する場合が多いようです。また室町時代の足利の支流も同様なことでつけているようです。
もっと読む»
大崎の場合もそれに準ずると思われています。ではどこが大崎と呼ばれていたのでしょうか?残念ながら決定的な資料は探し出せないようです。となるとやはり推理するしかないのでしょう?
大崎氏の場合出来事が何年に起こったかなかなか解りませんが、添付画像のごとくまとめてみました。
1452年こと大崎氏が初見といわれていますので以後の出来事は不要ですね。
1400年代の初頭から領国化が進んでいたのでないかと思われます。1430年頃までには高清水、名生、田尻等が大前氏の領国となっていたようです。が本拠地は古川羽黒の小野城と推定されます。この頃名生城が現れてきますが、資料からすれば探題大崎氏の支城の1つと思われます。また名生はこの時代から江戸時代までずっとこの名前でなかったかと思われます。大崎と変えたのは明治に入って大崎氏がすんでいたから大崎としたといわれていますが・・・・・・
となるとどこから大崎が出てきたのでしょうか?疑問がわきますね。一般的には海の岬と同じように山並みが突き出ているからといわれていますが、なかなか実感がわいてきません。もちろん当時と今では違っていると思いますが。
【大崎歴史関連】
  奥州探題博物館Link   奥州探題ツイッター
  めざすは宝の国大崎街道アルバム  大崎城街乱闘_主役の登竜場(大崎の戦場アルバム)
【大崎遺跡旧跡】
  旧跡アルバムリスト 遺跡古墳アルバムリストLink
【大崎カルタ】
  独談流大崎カルタ  読談流奥州探題カルタ
【大崎城撮りブログとアルバム】
  奥州探題城撮りブログ あしたの城(旧跡等含む)
  大崎市古川あしたの城  大崎市鳴子:岩出山:三本木あしたの城
  大崎市松山:田尻:鹿島台あしたの城  市外あしたの城
【大崎イエローページ】
  大崎イエローページ   大崎イエローページトップメニュー集
【大崎動画】
大崎藩動画化計画  旧大崎藩童画化計画(大崎動画)
【大崎動画閲覧上の注意点】
 映像は映像閲覧の注意点Link を確認の上再生ボタン又はもっと読むをクリックしてください願います。
旧大崎動画サイト (以前掲載したリスト中の一部の動画が閲覧出来る場合があります)

— posted by 探題代行士 at 08:00 pm  

T: Y: ALL: On:
ThemeSwitch
Created in 0.1883 sec.
prev
2019.10
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31