サイト2016年4月初め頃から下記サイトに変更しまた。
奥州大崎新旧自由形 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php

小野小町伝説はどうなる?あの夜烏の郷が小町の墓になった?

大崎藩イエローページ画像 前回古川にある小野小町のお墓の碑が過去のどのような資料からつくられたのか掲載しましたが、今回はそれらを画像でまとめてみました。さらに碑にはなかったのですが、ご存じ 義経記 にも小野小町の話がありましたのでその資料、
もっと読む»
並びに夜烏の郷がでてくる奥羽観蹟聞老志も追加して画像にまとめてみました。
こうしてみると小町は890年から900年くらいの間でなくなったのでないかといわれていますが、玉造は意外と早い時点で資料に出てきますね。
小町の髑髏とあるといわれる場所は陸奧の八十嶋から玉造に傾きつつありますね。驚くことには歴史上でもよく知られている義経を題材とした 義経記 にも小町のふるさとと載っていますね。このなかで 玉造の 室の里 と申す場所 といっていますが室の里とは??
近郊で むろ となると 古代旧跡の多い氷室地区があります。またオニコウベの かむろ岳 がありますが、今ひとつの見方として現在古川に師山地区がありますが、ここが むろ といわれていたんでないかともいわれていますが、そう言われれば読みが近い・・・・
さらに現在古川にある小野の墓はよく夜烏の郷などと言われていますが、それが現れている奥羽観蹟聞老志を加えて時系列的に作画してみました。
時代とともに八十島がめでたく夜烏の郷となりました。ただどのような根拠で夜烏の郷になったのかは不明です。
だがここに出てくる伝説は髑髏伝説がほとんどでです。玉造の小野は現れてきますが通小町の伝説はこれらの資料では・・・・
では古川の伝説は何なのでしょうか?

外部リンク:「義経記」三の口の関通り給ふ事(その5)
  http://santalab.exblog.jp/20386355/Link
外部リンク:奥羽観蹟聞老志
  http://www.st.rim.or.jp/~success/ouu8_2.htmlLink

【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【奥州大崎新旧自由形】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 07:01 pm  

東海道でみたその他の旧跡等


大崎藩イエローページ画像 東海道シリーズの最後は歩いたりしてみたいろいろな旧跡や案内などです。歩いたのはほんの一部でしたがさすが日本一の旧街道と思いました。機会があったら他の旧街道なども散策してみたいもんです。

— posted by 探題代行士 at 07:16 am  

今は昔の大崎物語:2005年7月今は昔の大崎物語 源義経公東下り行列


大崎藩イエローページ画像2005年の7月でしょうか?栗原市で源義経公の東下り行列がありました。栗原寺から栗駒まででした。最近もあるのでしょうか??

もっと読む»
アルバムは下記 今は昔の大崎2004年~ 参照願います。
今は昔の大崎2004年~ 大崎イエローページ 大崎動画 大崎歴史
【年代別区分】
   今は昔の大崎2004年~
    http://oosaki.main.jp/view/mukasi/mukasi2004/index.phpLink
   今は昔の大崎2000年~
    http://oosaki.main.jp/view/mukasi/mukasi2000/index.phpLink
   今は昔の大崎1965年~
    http://oosaki.main.jp/view/mukasi/mukasi1965/index.phpLink

— posted by 探題代行士 at 06:50 am  

東海道 元禄の道標(愛知県知立市) 八橋無量寿寺への案内?


大崎藩イエローページ画像 東海道知立市に 元禄の道標 の標識がありました。これは存原業平ゆかりの八橋無量寿寺への道標とありました。存原業平の東下りの一部でしょうか?4丁半北といえばそんなに遠くなかったのでしょうか?
もっと読む»
存原業平さん三河で浮き名を流したのでしょうか?この三河と言えば下記内容の 小野小町 さんも三河まで下ってきたとか?こないとかこちらも浮き名を場がした場所ですね。
残念ながら今回は気がつかずそこまで行きませんでした。残念でした。現在下記 【奥州大崎 新旧自由形】 で大崎市古川の旧跡 小野小町の墓の碑 が今後どのように扱われるようになってしまうのかいろいろと調べて記事を書いている最中でしたが、東海道遠征の時はまだあまり調べていなかったので生きませんでした。今考えてみるとだいぶ残念です。
外部リンク:無量寿寺(知立市)
 http://www.city.chiryu.aichi.jp/0000000863.htmlLink
元禄の道標(愛知県知立市) 八橋無量寿寺への案内?アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/o-kaidou/index.php?UID=1450520142Link
【大崎イエロページ】 【大崎動画】  【奥州大崎 新旧自由形】

— posted by 探題代行士 at 07:05 am  

大崎検定問題 問205(上級編) 大崎の旧跡でないものは


大崎藩イエローページ画像大崎市には古い時代からの遺跡旧跡がたくさんありますので今回はそれらに関する問題です。次の旧跡で大崎市古川に最も関係のすくないものはものはどれ?
もっと読む»
この検定は4択問題で下記の写真から選択してください。解答は明示していません。
写真は大崎イエローページのアルバムなどから抜粋したものです。
大崎検定問題集
 http://oosaki.main.jp/o-kentei/index.php?UID=1450435703Link
大崎イエローページ ブレーク寸前の大崎 奥州探題博物館Link

— posted by 探題代行士 at 07:07 am  

小野小町伝説はどうなる?どんな出典でここに碑ができた?

大崎藩イエローページ画像 前回の古川にある碑でわかったことの1つに出典の参考古文書と誰がのべたかが出ていました。これらを調べてみました。
『東齋隨筆 袖中抄 無名抄 袋草紙 等の古い話がある。・・・大江国房は小野小町の墓は夜烏里にあると西行もまた言っている。』とありましたが・・・・
この中で大江国房は下記の江家次第の作者です。また西行ですが調べてみると小町については述べていないようです。


もっと読む»


  江家次第  大江匡房 1111年頃成立  陸奥国 八十嶋
  袖中抄   顕昭   1190年前後   八十嶋
   ?    西行   1200年代前半  記述不明        
  無名抄   鴨長明  1200年代前半  玉造の小野
  袋草子   藤原清輔 1150年代後半  小野?とだけしか
  東齋隨筆  一条兼良 1470年代後半  奥州 八十島
鴨長明の無名抄には玉造の小野とありますが、他の古文記述には玉造を記載してなく 八十島 等とあります。無名抄では文書の前後からして現大崎市(旧玉造郡の鳴子温泉または岩出山近郊)の小野と推定できますが・・・・・
残念ながらなぜ無名抄では 玉造の小野 の地域限定ができるようになったのかは不明です。
しかしこんなにも昔から玉造の小野と噂されていたのでしょうか。
またなぜ陸奥国 八十嶋 玉造などとも出てくるのでしょうか?さらに気になるのは陸奥国八十嶋が果たしてどこなのでしょうか?

無名抄記述が下記サイトにあります。
 外部リンク:石野良和のブログ
  http://blog.livedoor.jp/mizuho1582/archives/51456197.htmlLink
なお江家次第(大江匡房)は下記サイトで原文を写真で保存した内容があります。
 外部リンク: 早稲田大学図書館古典籍総合データベース
  http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/search.php?cndbn=%8D%5D%89%C6%8E%9F%91%E6Link
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】 【奥州大崎 新旧自由形】

— posted by 探題代行士 at 07:21 pm  

大崎近郊古代柵跡 牡鹿柵跡? 石巻市

大崎藩イエローページ画像 牡鹿柵!東北の古代の歴史にはよく現れてきています。がまさかここが牡鹿柵跡?の可能性が!鹿島台から意思に巻に抜ける途中に赤井遺跡の看板がありますがそこに書いてありました。
もっと読む»
石巻市に行くときに時折は通っていたのですがなにげ何に説明文を読むと中に書いてありました。さすが石巻市ですね。
s-P1140980

s-P1140982
[caption]
s-P1140983
[caption]
s-P1140985
[caption]
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 04:40 pm  

T: Y: ALL: On:
ThemeSwitch
Created in 0.0342 sec.
prev
2015.12
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31