サイト2016年4月初め頃から下記サイトに変更しまた。
奥州大崎新旧自由形 http://oosaki.main.jp/f-histfree/index.php

映像:大崎近郊古代の柵等 志波城跡 盛岡近郊

大崎藩イエローページ画像 お城と似たような言葉で柵があります。古代のお城なのでないでしょうか?時代と共に徐々にお城などえと変わってきたのでしょうね。今回からすこすづつ掲載してゆこうと思います。
もっと読む»
柵は主に東北地方に多いような感じがします。今回は盛岡南部にある志波城跡です。平安時代当初に征夷大将軍坂上田村麻呂によって造営された城柵と云われています。なにしろこんなに広かったのかと驚かされました。さすがは征夷大将軍坂上田村麻呂の造営ですね。この日はお祭りで賑わっていました。城跡でこんなに人がたくさんいたのは初めてかな?過去あったかな?
ただこの城柵は近郊の川の氾濫などのため短命に終わって、次の将軍が徳丹城柵を造営したようです。征夷大将軍坂上田村麻呂の造営で、北東北進出の第1歩なのでよく知られています。
一部のブラウザで閲覧できない場合があります。
志波城跡映像アドレス
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1435664520Link
IMG_20140907_140349


IMG_20140907_140504
[caption]

IMG_20140907_140551
[caption]

IMG_20140907_140951
[caption]

IMG_20140907_140215
[caption]

【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 08:48 pm  

大崎近郊奥の細道 芭蕉たちはなぜ尿前の関で怪しまれた? 

大崎藩イエローページ画像 新暦の7月1日頃芭蕉たちは岩出山から堺田に向かいって途中鳴子温泉の尿前の関で関守に怪しまれたと云います。なぜなのでしょうか?
関所で怪しまれるとすれば
もっと読む»
 1.通行手形を持っていなかった
 2.通行手形の中身が現状と違っている
 3.御禁制品を隠していた
 4.風体が怪しいとみられた
 5.お金がなかった
 6.その他
俳諧師では当時まだ十分知られていなかったと思われれば4,5は全く可能性がないわけではないと思われます。がそれならば日記などに少しは注釈を入れてあったも良かったのでないでしょうか?今回は3,4,5は除外して良いと思われます。となると1か2と思います。
福島の会津藩から宮城の越河番所に入ったと思われます。東北に入るといえば白河の関とですがこの時代すでにこの関は名ばかりで実態がないためこの宮城県南の越河番所あたりが最初の番所と思われます。この越河番所は伊達藩では重点5番所の1つで、入り口として厳しかったようです。となればここに入るとき手形を受け取らなかったとは思われません。
通常手形または伊達藩の場合入切手等には身分等のほか滞在日数や何処の番所から伊達藩をでるか等が記入されるようです。となれば伊達藩をでるのは小野田最上街道の軽井沢番所が書かれていたはずです。
通常藩外にでる場合指定番所などでないと戻される場合が多いと云われています。芭蕉一行もこの件で怪しまれたのでないでしょうか?でもやはり人同士・・・で通してもらったのでしょうか??
関東圏と外様大名伊達藩での関所概念が少し違いがあったのでしょうね?
映像:大崎の全国区 鳴子温泉 尿前の関
 http://oosaki.main.jp/o-oshutandai/index.php?UID=1432637518Link
映像:最上海道 軽井沢番所跡
 http://oosaki.main.jp/o-kaidou/index.php?UID=1389430615Link
アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/o-kaidou/index.php?UID=1435365554Link
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 07:07 am  

大崎近郊街道 十符の里?利府の里?_利府町

大崎藩イエローページ画像県内の利府町には十符の里(泉中央から岩切に抜ける道の途中)とよばれる旧跡があります。ここは奥の細道で芭蕉さんが訪れた事などでよく知られています。
もっと読む»
この十符の里についてはアルバム内の写真を参照願います。そしてこの近郊一部の道が おくのほそみち と云われていたようです。この近くは塩釜街道が通り、岩切の今市橋から岩切駅あたりに進む道に東光寺がありその前を通ったと云われています。そのため東光寺には奥の細道碑があります。芭蕉さんがこの言葉の響きを聞いて奥の細道と付けとも云われていますが・・・・・
この利府という名前は明治になってからと云われていますが??昔、国府 多賀城に 便利 だったからか?それともこの 利府は とふ とも読めそうなので名がついたのかちょっと興味のあるところですね!! 
十符の里_利府町アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/o-kaidou/index.php?UID=1435052814Link
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 06:57 am  

映像:大崎近郊奥の細道 なぜ岩出山で道順の変更なのだろうか?

大崎藩イエローページ画像 芭蕉一行は岩出山から中新田に出て小野田の最上街道から尾花沢に行く道順でしたが、鳴子から赤倉経由で尾花沢に行ってしまいました。なぜなのでしょうか?
まず芭蕉一行が岩出山に宿泊する前に岩出山天王寺近郊の
もっと読む»
上街道と北羽前街道(出羽街道)の追分で岩出山町中でなく鳴子方面に向かってしまいました。これは鳴子温泉小黒崎にある歌枕の美豆の小島に向かうためです。が一栗近郊からまだまだ先だという事でここからいわでやまの町中に戻っています。こちらが当初の予定とすれば夕方遅くなってわざわざここに向かわず翌日でも良かったはずですが。
とゆうことは当初は止まった後翌日中新田方面に向かう予定だったと推定できます。ここで大きく道順が当初予定から変更され翌日又一栗を経て美豆の小島によって鳴子から尿前の関に向かっています。つまりこの岩出山に止まった夜(新暦6月30日)から朝にかけてなにがしかの変化があったと思われます。地元で何かしら次あたりの情報を得たと思われます。
 1.岩出山から尾花沢なら鳴子の出羽街道が距離的に少し短く、比較的難所が少ない。
 2.軽井沢番所より尿前番所が警戒が緩そうだ?
 3.出羽街道は昔義経が平泉に逃げた道で旧跡がありそう。
 4.その他
あたりではないかと思いますが、難所なら出羽街道の方が多いと思いますが?また番所の警戒なら伊達藩の重要番所の1つである軽井沢が警戒厳しかったと思われますが?芭蕉の心を大きく揺さぶり動かしたのは3番あたりでないでしょうか?(内心しめしめしてやったり!と思ったでしょうね!)
がこの道順変更が後になってちょっと困ってしまいますね?
美豆の小島 大崎市鳴子温泉映像アドレス
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1434619773Link
美豆の小島 大崎市鳴子温泉アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/view/kyuseki/o-kyuseki13/index.php?q_dir=.%2Fimg%2F300%2F132mizunokojimaLink
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 09:00 pm  

映像:大崎近郊遺跡旧跡等 勿来の関 は宮城県の利府町にあった??

大崎藩イエローページ画像 昔の和歌などに出てくる 勿来の関 は宮城県の利府町でった。とばかりは言い切れませんが、利府町森郷?近郊の惣の関ダムの近くにありました。この関はどちらかというと福島県いわき市が
もっと読む»
本家本元かと思っていましたがまさか近くの利府町だった?とはまさに驚きですね。
最近は時折歴史上の教科書で習った事が事実かどうか疑われているものがありますね!たとえば聖徳太子はいなかったなど??
一部のブラウザで閲覧できない場合があります。
勿来の関_利府映像アドレス
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1434368406Link
P1120719


P1120725
[caption]

P1120727
[caption]

P1120728
[caption]

P1120732
[caption]

【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 07:29 am  

 

映像:大崎近郊ブレイク寸前 火伏の虎舞


大崎藩イエローページ画像 大崎近郊で春一番のお祭りと言えばこの加美郡中新田町の火伏の虎舞を思い浮かべる人が多いと思います。斯波家兼の時代に始まったと言われています。春到来を告げます。
もっと読む»
一部のブラウザで閲覧できない場合があります。
火伏の虎舞アルバム
 http://oosaki.main.jp/o-event2/index.php?UID=1434364421Link
火伏の虎舞2015年映像
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1430304680Link
【大崎イエローページ】 【大崎動画】 【大崎行事予定】

— posted by 探題代行士 at 07:09 am  

映像:奥の細道 緒絶えの橋 どこで行き先から消えた?


大崎藩イエローページ画像 古川にある緒絶えの橋は昔の歌枕などでよく知られています。古川近郊にはこのようなものがたくさんありますが、とくにこの緒絶えの橋は松尾芭蕉奥の細道でも行く先の1つと言われています。
もっと読む»
当初県内の松島を過ぎたら大きく左折して奥州街道吉岡近郊に出て、古川の緒絶えの橋、金成の姉歯の松などが行き先の1つとして入っていたようです。
が、松島を出た後、道を間違えて石巻方面に行き、石巻によった後一関街道をそのまま一関に向かったようです。おそらくこの時点で95%緒絶えの橋は行き先から消えたのでないでしょうか?まだ帰りがあるでないかと思われますが・・・
しかし帰りは平泉から一関を経て、次の行き先が尾花沢ですから栗駒を経て一迫から岩出山、中新田方向が距離的に近くなるためこの一関の追分(奥州街道と迫街道)で迫街道に向かった時点で残り5%がなくなります。岩出山に来た時点では古川に向かう様子はなかったようですが。ちなみに奥州合戦の九十九橋は栗駒の岩ヶ崎でいけなかったのを残念がったようです。この日は新暦で6月30日頃でよく7月1日には中新田から尾花沢に行く予定を変更して岩出山、鳴子経由で尾花沢に向かいました。鳴子の尿前の関でしっかりと油を絞られたようです。なぜでしょうか?
一部のブラウザで閲覧できない場合があります。
緒絶えの橋映像アドレス
 http://oosaki.main.jp/o-movblog/index.php?UID=1434192382Link
緒絶えの橋アルバムアドレス
 http://oosaki.main.jp/view/kyuseki/o-kyuseki/index.php?q_dir=.%2Fimg%2F100%2F870odaenohasiLink
【大崎イエロページ】 【大崎動画】 【大崎歴史関連】

— posted by 探題代行士 at 07:03 am  

T: Y: ALL: On:
ThemeSwitch
Created in 0.0413 sec.
prev
2015.6
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30